最近、何かと抗体という言葉を聞く機会が増えましたので、抗体とは何か説明していくことに致します。

呼び方:抗体は免疫グロブリン、γ(ガンマ)-グロブリンとも呼ばれます。IgはImmunoglobulin(Immunoは免疫の意味)の略語です。

成分:糖タンパク

産生細胞:リンパ球の一種のB細胞

種類:ヒトの場合、IgG, IgM, IgA, IgD, IgEの5種類

働き:特異的な抗原(異物)と結合する機能が最も一般的です。

抗原に結合することにより、マクロファージ等の食細胞に認識され、貪食されやすくなります。(オプソニン作用)

また、補体活性作用がありますが、補体が活性化すると細菌であれば溶菌します。

抗体の中には、結合するだけで微生物の感染力を低下させたり、弱毒化する働きを持つものもあります。(中和反応)

抗原が生体内に侵入した(微生物に感染した)際の、血中抗体(IgM, IgG)量を右図に示しました。抗原が侵入すると、まずIgMが感染初期に産生され、遅れてIgGが産生されます。IgMはしばらくすると減少して、血中から無くなります。IgMが(-)になったということは、通常その抗原が生体内から排除されたことを示します。

一方、IgGはIgMが消失した後も、わずかに減少しながら血中に残ります。このIgGが、次に同じ抗原(微生物)が侵入した際には、IgMより早期に感染防御に関与する抗体となります。

同一の抗原が侵入すると、1回目の侵入に比べIgGの増加量がより早期に、より多く産生されます。これがワクチンの追加免疫の考え方であり、同一ワクチンを間隔を空けて接種することにより、1回の接種に比較し、ワクチンの効果が高まります。

抗体は古くから、臨床検査や医学系・生物学系の研究分野で試薬として広く使われていますが、近年はがんや関節リウマチ等の治療薬としての抗体医薬品も普及しており、抗体工学分野の研究開発は今後も盛んに進むことと思います。