ポジティブ心理学は、1998年当時、米国心理学会会長であったペンシルベニア大学心理学部教授のマーティン・E・P・セリグマン博士によって発議、創設されました。その後、セリグマン博士と共に発起人として関わった、米国を中心とする第一線の心理学者たちによって分野の方向性が形成され、研究が推進されてきました。ポジティブ心理学とは、私たち一人ひとりの人生や、私たちの属する組織や社会のあり方が、本来あるべき正しい方向に向かう状態に注目し、そのような状態を構成する諸要素について科学的に検証・実証を試みる心理学の一領域である、と定義されます。

「よい生き方とはどのような生き方か?」「人が充実した活動を行なうことのできる組織や社会の条件とは?」といったテーマは、ポジティブ心理学が創設される以前より長らく探究の対象とされてきたテーマでした。ポジティブ心理学ではそうしたテーマに対して、ポジティブ心理学独自のフレームワークから改めて光を当てるのと同時に、先行の諸学問分野による多角的研究と有機的に結びつきながら、研究課題としてさらに考察を深めていくことにその醍醐味があるとも言えます。

そのため、「ポジティブ心理学」という名称は、必ずしも一心理学分野への言及に限定されるものではなく、本質的に諸学問領域による学際的アプローチを視野に入れての「包括的用語」(umbrella term)として捉えられています。社会科学(経済学、経営学、社会学など)によるアプローチ、さらには本来の自然科学(生物学、脳神経科学など)帰納的アプローチにとどまらないところで人文学(文学、芸術学など)によるアプローチも試験的に始まっています。

セリグマン博士は近年、ウェルビーイングを測定する構成要素として、具体的に「PERMA」と略称される上記の5つの要素を提唱しています。

PERMA全要素の測定値を向上させるための、いわば補助力とも促進力とも目されているのが「レジリエンス」という、いわば心の力、心のテクニックです。レジリエンスとは、困難や逆境に対処する力であり、人生の肯定的な側面を増強する力でもあります。即ち、状況が良くても悪くても、しなやかな対応を可能とする力です。

なお、ポジティブ心理学におけるレジリエンスとは認知行動療法に基づくものであり、うつ病や不安障害に対する予防効果に関する実践研究が日々推進されています。

グラードでは「あるべき人生を常に想う」を理念としておりますが、ポジティブ心理学が提唱する「よい生き方とはどのような生き方か?」と共通する考え方が多くあります。グラードにおける心理学やメンタルケアについては、教育を通じて職員から現場への応用がなされておりますが、今後、グラードの更なる発展のためにポジティブ心理学の要素を大いに取り入れていこうと考えております。