「何をやっても上手くいかない」「何をやってもムダ」

 学習性無力感とポジティブ心理学

 

学習性無力感とは

 学習性無力感とは、抵抗も回避もできないストレスに長期間さらされると、そうした不快な状況から逃れようとする行動すら行われなくなることを指します。ポジティブ心理学の分野で知られているアメリカの心理学者マーティン・セリグマン教授が1967年に発表しました。

 

学習性無力感の実験

 セリグマン教授は実験に犬を用いて学習性無力感を証明しました。

Aグループは部屋内のパネルを押せば電気ショックが回避できる状況を経験した犬

Bグループは回避できない状況で電気ショックを受けた犬

 この結果、Aグループはパネルを押せば電気ショックを回避できることを学習し、Bグループは最終的に何の抵抗もしないようになってしまいました。

 それだけでなく、2匹の犬をしきりを飛び越えるだけで電流から逃れられる部屋に移したところ、Aグループは早々に仕切りを飛び越えたのに対し、Bグループは何の行動も起こしませんでした。

 このように、自分が何をやっても結果が変わらないと学習することで、どんな状況に対しても行動を起こさなくなってしまうのです。学習性無力感は人においても実験的に証明されております。

 

仕事における学習性無力感の原因

 仕事において学習性無力感に陥る原因として多いのが、「周りの人から繰り返し否定されること」です。上司や同僚が「その人のため」と思って注意しても、本人にとっては「何度も否定された」と感じ、学習性無力感に陥ってしまうことがあります。

 

ポジティブ心理学の始まり

 セリグマン教授は学習性無力感の発表後、これまでの心理学が「うつ」「無気力」といった精神疾患など、どちらかというと心のネガティブな側面に研究の焦点があったとし、これからはそれと同様に心理のポジティブな側面に焦点を当てていこうと提唱しました。

 「人が幸せになるには。また、人生の満足や充実度を向上させるには。」といった幸福度の向上を目標に、誰か1人が考えた安易なメッセージではなく、科学的根拠に基づく理論を重要視しています。ポジティブ心理学の詳細は後の号で。